リョーマリョーマ

派遣社員ってけっこう時給いいよなー。
正社員のほうがいいイメージはあるけど、
派遣もけっこうメリットあるんじゃね?


キャリ兄キャリ兄

たしかにそうだね。
実際、派遣社員のような柔軟な働き方にメリットを感じている人はたくさんいるんだ。


派遣女子

派遣社員と契約社員には違いがある

正社員以外の働き方として、派遣社員と契約社員という2つを聞いたことがありますよね。
この2つの働き方の違いとして、「雇い主が違う」ということがあります。

派遣社員は、派遣会社に雇われている社員のことを言います。
契約社員は、直接雇用です。
と、言っても少しわかりづらいですよね。

たとえば、とある電子機器メーカーの事務職として働くケースを考えてみましょう。

あなたが派遣社員として働くなら、あなた電子機器メーカーの中で働くことにはなりますが、あなたを雇っているのは派遣会社です。

派遣会社は電子機器メーカーと契約をしていて、人材を電子機器メーカーに送り込む対価としてお金を受け取っています。

これに対して、契約社員を雇っているのは電子機器メーカーです。
直雇用、というわけですね。

なので、派遣社員の給料は派遣会社から支払われることになります。
契約社員は、電子機器メーカーから直接給料を貰うことになります。

これが、派遣社員と契約社員の違いですね。

派遣社員として働くメリット

では、派遣社員という働き方にはどのようなメリットがあるのか、順番に見ていきましょう。

大企業で働くことができる

正社員として大企業の採用されるのは、ハードルが高いことが多いですよね。
しかし、派遣社員としてなら簡単に大企業の中で働くことができます。

正社員の上司の指示のもとで働くことは多いとはいえ、職場では普通に他の社員と肩を並べて仕事をしているわけですね。

なので、外の人から見れば、派遣社員であろうと大企業で働いていると見られることに変わりはありません。

大企業の中で仕事の経験を積んで、レベルアップできることもメリットですよね。
女性であれば、そのまま職場の正社員と結婚して幸せになってしまうパターンも多いようです。

正社員を目指すことも可能

派遣社員としてきっちり仕事をこなして周りにいる正社員からの評価が高まっていけば、正社員に登用される可能性も普通にあります。

というか、もと派遣社員だった人がいまは正社員として現場リーダーの立場でチームを引っ張っている、ということはよくある話です。

会社によっては、正社員になるために所定のテストに合格する必要があったりしますが、どちらかというと「現場でしっかり仕事をして会社に貢献しているか」というのが最重視されることが多いようです。

正社員になってしまえば、大企業の福利厚生などもフルで享受することができ、安定性もあるので、頑張って目指してみる価値はありますよね。

社会保険などにしっかり入ることができる

派遣社員といえど、派遣会社のちゃんとした社員です。

税金もきっちり払うことになりますし、社会保険や雇用保険にもしっかり入ります。
なので、たとえば病院に行くときも、保険証を持っていくことができます。

有給休暇も取得することができます。

もし退職したとしても失業保険はちゃんと受けられますので、そこはご安心下さい。
ただし、2週間とか短期で辞めてしまうと失業保険がもらえないケースもありますが、それは正社員でも同じです。

時給が高い仕事も多い

派遣社員は、時給が高めに設定されているケースが多いです。
1100円とか、高いところだと1400円とかになったりします。

プログラマなど専門的な技能を求められる職場であれば、時給2000円なんてところもあったりしますよね。
それに残業すれば残業代もきっちり払われるので、月給だけで言うと職場の若い正社員よりもかなり多くなったりすることもザラです。

ただし、このように時給が高いかわりに、派遣社員にはボーナスがありません。

また、派遣社員は正社員のように「終身雇用」といったものがありません。
基本的には、短期で雇われることになっています。

なので、長期の雇用を保証されない変わりに時給が高く設定されている、ということもあります。

また、派遣会社によっては給料の前払いなどに対応してくれることも多いので、お金に関しては不満なく働けることが多いでしょう。

サービス残業がない

派遣社員には、サービス残業がありません。

正社員であれば裁量労働制ということで、深夜までサービス残業してたりしますよね。
派遣社員は残業をしたとしても、割り増しの賃金で残業代はしっかり貰えます。

残業は1時間程度とか、職場の仕事の量などによってやらなきゃいけなくはなりますが、深夜まで残業みたいなことにはなりません。

なので、定時をそこそこ過ぎれば派遣のスタッフたちは正社員を尻目に「おつかれまでした~」とか言いながら帰っていくような状況になるのが一般的です。

なので、極端に長い残業をしなくてもよいため、プライベートを楽しみやすいこともメリットと言えるでしょう。

転勤がない

派遣社員に転勤はありません。

正社員であれば転勤の可能性があるのが普通で、会社から転勤の命令があれば北は北海道から南は九州・沖縄まで行かなきゃいけません。

結婚している人なんかは、大変ですよね。

しかし、派遣社員であれば職場は基本的には固定になります。
ただ、ちょっと担当の仕事が変わって同じ建物の中で違う部屋になったりすることはありますが、都道府県が変わったりすることはありません。

なので、急にプライベートの友達と会えなくなってしまったりすることはないので、そこは安心できるところです。

仕事内容や人間関係が自分に合わなければ、職場を変更することができる

人間、そうしても仕事内容や人間関係に「合う・合わない」というのはあるものです。

あまりこういうことを言うのは良くないのですが、派遣社員の人は数日~数週間程度で辞めてしまう人も多いので、どうしても嫌なら辞めるハードル自体はそんなに高くはないことが多いでしょう。

また職場がどうしてもイヤなら、派遣会社に頼めば職場を変更することは可能です。
派遣会社はたくさんの会社と派遣契約を結んでいますから、あなたに働く意思がある限りは他の派遣先を紹介してくれるでしょう。

ただ、もしあまりにも働きぶりが悪くて派遣先から派遣会社にクレームが入った、みたいなことがあるともう次の派遣先を紹介してもらえなくなってしまったりするケースもありますので、そこは注意が必要です。

期間を決めて働けるので、将来やりたいことのための準備期間という位置づけで働ける

派遣社員は、半年なら半年、2年なら2年というふうにある程度期間を決めて働くことができます。

なので、

  • 資格の勉強
  • 将来やりたい仕事のための準備
  • 何らかの目的で、お金を貯める

といったように、将来のための準備期間という形で働くことができます。

たとえば、「ラーメン屋を開業する資金を貯める!」という目的で工場で働いている、なんて人も沢山いますし、プライベートの時間で資格勉強をしている人などもいます。

自分の夢を持ちながら働いていける、というのはメリットですよね。

派遣社員として働くデメリット

メリットはたくさんありますが、どうしてもデメリットはあります。
順にみていきましょう。

ひとつの職場で働けるのは最長でも3年間まで

法律上、ひとつの職場で働けるのは3年までになっています。
なので、せっかく仲良くなってもお別れになってしまうのは悲しいかもしれません。

しかし正社員であっても転勤になれば人間関係がリセットされることには変わりないので、そこはとらえ方次第といったところでしょう。

また、

  • 派遣会社から違う職場を紹介してもらえるので、仕事がなくなることはない
  • 似た職場を複数経験したほうが、視野が広がりスキルアップには繋がる

というふうにポジティブに考えることはできます。
なので、あまり気にしすぎる必要はないかと思います。

会社から手をかけて教育してもらえることはない

正社員であれば、将来は管理職になることを期待されていますから、そのための教育や研修を受けることになります。

しかし派遣社員には実務面で仕事をこなしてもらうことが優先されるため、研修があったとしても最初の1~3日程度でしょう。

しかし、その職場で正社員になる気がないのであれば教育を受けてもあまり意味はないですし、もし正社員になれば嫌でも教育は受けることになります。

正社員よりは下の扱いになってしまう

派遣社員をあからさまに見下して差別するような社員は、基本的にはいないはずです。

なぜなら、派遣社員に対してパワハラなどをすれば、その社員の上司や派遣会社の担当者も巻き込んだ大問題に発展してしまったりするからです。

なので、そこそこちゃんとした会社であれば、あからさまな差別をされる心配はしなくて良いでしょう。

ただ、仕事の中のちょっとしたコミュニケーションであったり、食事休憩の際などに「なんとなく見下されている」という雰囲気を感じてしまうぐらいのことはあるかもしれません。

これはもう、割り切るしかないですね。

いろいろなメリットがあって派遣社員という働き方を選んでいるわけですから、正社員よりは下の立場になるということはある程度受け入れていくしかない部分です。

派遣社員に向いてる人は、こんな人

いろいろとメリット・デメリットを紹介してきましたが、それらを踏まえた上で、どんな人が派遣社員に向いているのでしょうか。見ていきましょう。

将来やりたいことがある人

まず、これですね。
将来やりたいことがある、やりたい仕事がある、といった人です。

将来のための準備期間として今は派遣社員として働く、ということであれば心の整理もつきやすでしょう。

稼いだお金やプライベートの時間を自分に投資しつつ、夢に近づいていけたらいいですよね。

ずっと同じ会社で働けない事実を受け入れられる人

派遣社員にはメリットがあるぶん、「安定性」という意味では正社員に劣ってしまうことは事実です。

また、10年20年と同じ会社で働き続け、出世していきたいと考えるひとにとっては派遣社員としての働き方は魅力的ではないでしょう。

こういった人は、大企業でなかったとしても正社員で採用してもらえる求人に応募してみるか、もしくは正社員になれる可能性の高い派遣先で働くようにするように仕手みてください。